松山千春


 6月初め..夫が購入しました。
まだ紹介していませんが、それより前に「よしだたくろう」のCDもたくさん購入していました。明日(15日)からの東京行きで20年近く会っていない大学時代の友人に会うことができそうです..。彼女は下宿住まいだったんですが、飲み会ーや朝練やーと言っては泊めてもらってました.. f(^_^;)。その部屋に行くたびにかかっていたのが、「松山千春」と「長渕剛」..。なつかしいですね..

 学生だったので、今の次男の生活とはちがうだろうと思います。もちろん学生とはいえ楽しいことだけだったわけではありませんが..「大学生活は人生の夏休み」とよく言ったものだと思います。次男もよく口にしていました、だからきっと大学に編入するんだろうと思っていましたし..夫も、「ずっと働かなあかんのに..まだええがな..」みたいなことを言ってたんですが..本人の固い意志で社会人となりました。

この曲は「再生」には入っていませんが..とてもいい曲です。
もうかなり前のテレビドラマの主題歌でした。

君を忘れない
松山千春, 飛澤宏元, カラオケ
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

スント OBSERVER ST

夫のお気に入りのスント..

夫も長男も口に出しては言いませんが..私が仕事の日の夕食は
いつも三人で食べることが多かったので..二人になって、
やっぱり寂しいやろな..と思っています。
もともと残った二人は率先して話すタイプではありませんし..(-.-;) 。
三人のときでも次男が
「三人やったらだれも(自分が話したことに)返事せーへんからいやや..
とよくぼやいてたくらいなので..笑

東京の次男(←よくしゃべる.. f(^_^;))もどーしてんのかなとは思いますけど..
東京行きのことも初めから
「ええやん..一人暮らしもせなあかんで」と言ってはいた夫です。
でもそれと寂しいのとは別ですからね..

でもいくら寂しがっても..どうなるわけでもないので、
東京でがんばっている次男に負けないように、
「AB型はすぐに傷つくけど、傷は浅い」というのを昔何かで読みました。
それをほんまやな..と思うことが多いです(^^♪..立ち直りは早いような
気がするというか..この状態がいつまで続くのかはわかりませんし、
東京勤務が終わったから大阪に戻れるとも限りません..でもこの時期が
次男にとっても、わたしたち夫婦や長男にとってもよりよき明日への
礎となるように..と思って暮らしていきたいと思います。

予定通り16日から東京へ行ってこようと思っています。引越しのときに長男が行ってくれたので、またにしようかなとも思ったんですが、
夫が「見てきたったらええやん」と言うのと、もうそんなに
まとまった休みはとれないんじゃないか..と思ったからです。
ついでに20年ぶりに会う友人との約束もできてちょっと楽しみです

ニンテンドーDS Lite..2

 

 先日の母の日には次男が「もっと..」を買ってきてくれました、でもちょうど
中間テスト対策に入るころでしたので..まだ未開封の状態です。P901iTVも買ってしまったので..やらなければいけないことが山積みに..(-.-;) 。「脳トレ」は一月くらいやってないので..再開するのが少しこわいところもあります..。
おとろえるのは早いんですよね~..。

脳を鍛える新聞の読みかた―毎朝10分の音読と簡単トレーニングで脳がめざめる

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る

これはDSと同じころ購入しました..。仕事柄新聞はよく見る(←読むほどは読めていない..(-.-;) です..)方だとは思いますが..これは「生協」のカタログに載っていたものを見て、思わず注文したものです..。「川島隆太」さんは本もたくさん出しておられます..。今日、次男と梅田に出てのジュンク堂に行ったんですが、そこにもたくさんありました。母にもボールペンのお返し(?!)にプレゼントしようかな..と思って探してみたらほんとにいろいろありました。

脳を鍛える大人の計算ドリル―単純計算60日

くもん出版

このアイテムの詳細を見る
決定版! 大人から子どもまで「脳力」を鍛える音読練習帳

宝島社

このアイテムの詳細を見る
げんきプリント―60歳からの読み・書き・計算

小学館

このアイテムの詳細を見る
川島隆太の自分の脳を自分で育てる―朝5分の音読・単純計算

講談社

このアイテムの詳細を見る
脳が活性化する数字のパズル ナンバープレース編

学習研究社

このアイテムの詳細を見る

沖縄の音楽..4

BEGIN シングル大全集
BEGIN
インペリアルレコード

このアイテムの詳細を見る

 久々に沖縄の音楽です(^^♪。
ここに入っている「島人ぬ宝」や「涙そうそう」は今まで聴いていたのとはまた違った趣があって(←というかこっちが本家本元)..。この「島人ぬ宝」という曲は沖縄本土復帰30周年に石垣島の中学生たちに「島への想い」を書いてもらい、その中学生たちが卒業式で歌える「自分たちの歌」にしてもらいたいと考えたもの..ということがこの曲の解説に書いてありました。ほんとうにこんな想いで島を巣立つ中学生たちがうらやましく思えます..
このCDは夫が購入したんですが..これええやろ、この「島人ぬ宝」と言ったら、「これは有名すぎるくらい有名な歌やで..」と言ってました..(でもBEGINの曲だとは知らなかったのです..)
でも..あのYUSENで聴いた「十九の春」が..
この間、縁あって、NHK BSハイビジョン放送で十九の春をとりあげて放送された「世紀を刻んだ歌」のDVDを送っていただくことができました。
そのなかで女子高生(たしか..八重山商工?!)が歌っていた歌詞があったんですが..
「島の自慢を並べたら数えきれんさ星の数、私の長所を並べたら星の数ほどあるかしら..」
これってYUSENで流れたりすることはあるんかな..と思いつつ..あの日の曲はこの曲やったような..