刺繍もの..


母の日..をまえにカテゴリーをふやしました..(^-^;)

ずっと、たいせつにしてきたものを..どこかに残しておきたいな..
とは思っていました..。

ほんとにすきなもの..ばかりです..
そんな数々を..だれかに見てもらいたい..というよりは

母へのきもち..
なのかもしれません..

うちの母は半世紀以上この仕事をしてきました..
自分のうでだけでかせいできたプロの仕立て屋です..
(仕立て屋という言葉でいいのかどうか..ほんとはわかりませんけど..)

わたしの仕事は全部いれても..まだ母の半分にもおよびません..
それでも、この仕事をしてきて..思いました..
高度経済成長とともに生きてきたのは母(たちの世代)なんじゃないかと..

ふたりの息子たちにとっては、幼いときから..三つ目のポケットで、
いまだ現役のおばあちゃんです。

これは、母が私の古い七分パンツから作ってくれました。
20年近くまえのものでしょうか..
お気に入りで、刺繍ものでもありましたので..
ていねいにはあつかっていました。

このパンツを買ってくれたのも母です..

こんな形がいい..と伝えたのはわたしです..

ファスナーはゲラルディーニのお古です..
いいものというのはひとめでわかりましたが..
「ファスナーはゲラルディニー超一流ー」
というがきます..

Factory..1に何をもってこようかなーと思って..
連休の一日を写真撮影にあてました..

こっちは、母がほかの方にあげるのに作ったものの一つです..

ざんねんながら..今のわたしには、これを継承する力はありません..
いまからやってもできるようになるかな..
と思うことはないではありません..
母の年まであと30年..
自分のすきなものをすきなように作る..
そんな..技術がほしいと思います。

大学に行くことを選ばなかった次男が..
仕事を始めてすぐのころ、母のことを..言いました。
「いまだ現役でかせぎがあるってすごい..」と

やっぱり「手に職..」
とふたりで声をそろえてました。

母の日

今日は母の日..

これは昨日夫からわたしの母に届いたあじさいです..。
うちの母はむかしからあじさいが好きだったので、、ここ数年
毎年とどくおしゃれなカーネーションに毎年心おどらせておりましたが、
今年はとくに、ずっとほしいなーと思っていたこのあじさいが届いた
ことにたいそう感激しておりました。笑

ありがとー

9日づけの読売新聞の朝刊に、とてもいい言葉がありました..。
..「天には『見る目・聴く耳』というのがあって、私どものすること
言うことは、誰一人知るまいと思うても、ちゃんと知っていて下さる。」

戦後初の東大総長南原繁さんのお母さま、きくさんがおっしゃったと
ありましたが、この母のことばに「いかなる場合においても常に正直
と真実であらねばならぬことを、一生の教訓とした..」という息子さん
のことば..

母の日は感謝する日であり、、いつかはこんな風に思ってもらえる
ようになりたいと心する日でもあるんですよね..