ダイロンプレミアムダイ(DYLON PREMIUM DYE)で染めてみた。

 ずっとはきたいのにはけない「生成り」というか白のぷっくりパンツがあって..綿麻なので、夏が近づくといつもはいてはみるけど..どーも..仕事柄、インクが飛んだりもするし..夫に「柔道着」みたいやな..とか言われるお気に入りの「KATO’のパンツ」..なんでやねん。と思いながらも..(:_;) 「色変えよかな..」と去年くらいから思ってた。

 ダイロンの色を決めかねて..とりあえず2色購入、週末に決行することにした。笑 洗面台やお風呂が染まることはないみたいだったけど..(いろんなレビューでは染まったというのもあったのでごご自分でなさる方はご注意ください) ゴミ袋を二重にして大き目の洗面台に養生テープでセットしておく。ここに6リットルのお湯(40℃)と塩250gが入る。

ダイロンの染粉は500mlのお湯(40℃)で溶かす。これはレビューに2リットルのペットボトルでシャカシャカやるといいと書いてくださっていた方がいらっしゃったので..そうしてよく振った。えええー、これベージュ?!な色..
これは染色する前の色なのだけど、ここの光のかげんでは、元からベージュみたいに見える。笑笑 でもほんとは「白」にとても近いのです。

 この洗面台にセットしたビニール袋の中に塩とお湯を溶かして、そこに2リットルボトルでよく溶かしたダイロンを混ぜる。そしてもみ洗いするみたいに洗面ボウルの中で15分ほど..

 素材が綿・麻だからか、とても吸収率がよいような気がした。それにもとが「白」だからなのか、ムラになることもなく、きれいに色が入った。少し黄みがかったベージュ..


ダイロンペブルベージュ..買ったのはこれ、プレミアム。ダイロンには「マルチ」という方の染料もあって、マルチはかなりの高温のお湯が必要らしい。
最後は45分間つけおくので、これも用意しておいた。

それから、ここに入れて、45分..ときどきかきまぜる。おおかた終わる。室内ではこんな感じの色..「黄み」が強い。

 家の横手にある外のシンクで水洗いする。んー外の光だとこんな風に見えるけど..カメラにもよるのかも..でどんな色になるのかよくわからない。笑

 ほんとは脱水してから干す、と説明書きにあったけど..もうそのままかんたんにしぼって竿にひっかけた。かんたんにといってもこれはじっさい「柔道着」ほどではないにしても素材はけっこう固い。なので水がしたたるまま干してきた。元の色とは違っているのは確かだけど..

 乾いたらどんな色にでき上がるんか..まー悪くはないはず..笑 ほんとはオリーブグリーンを使うか、両方混ぜる気で買ってはいた。けど..どんな色になるのかが今一つわからなかったので、最初は薄色にして、また濃いのを足せばいいか..でスタート。「色止め剤」は買わなかった。

そして翌朝、天気は快晴..かわいた色はけっこう黄みが強いイエローぽい。じぶん的には気に入ってる。笑
追記..551が余計やけど..笑 こんな感じにしあがりました。

キッチンをIHにしたら..

2月にシンクが水漏れ..(:_;) 夫がいろいろ補修箇所みつけてくれて..使えるようになったものの..

 さすがに..30年近い年月を経て..換気扇(は一度交換してる..笑)も、ガス台もということで..キッチンの入れ替えを決めた。ガス台についてはとにかく掃除が楽なこと。これ一択、最近はガスでも五徳が外れてとても簡単に掃除ができる。みたいなものはあったけど、これからを考えて「火が出ない」ということでIHに決めた。

 前から量販店で見てたとき、なんかスイッチがたくさん並んでて..使いこなせるんか..?!みたいに思うこともあったけど..そこは案ずるより産むがやすし..笑 設置に来てくださった方の説明(念のため動画を撮らしてもらった..笑)で、並ぶボタンもシンプルでわかりやすいことがわかった。それにやっぱり掃除が楽..これは予想通り。

このタイマー。なにげにすごく便利..左右のIHと奥のラジエントヒーターのそれぞれのタイマーがセットできる。

 冷蔵庫にはダイソーの「画面が大きいキッチンタイマー」が2個、両手がふさがってるときには声でタイマーをセットしてくれるグーグルホームミニも置いてる。けど、これは時間がきたら切れる。今はガスでもあったりする..?! そちらは未確認..笑



 それと使ってたこれ。IHだとこんなんいらんのかなー..と思って、買わずに工事を終えた。でも、フライやてんぷらのときはやっぱり油がとぶよね。どーすんのかな..と思ってたら..

ちょうど少し前に生協のwebカタログで見たこれ。使い勝手がよさそうだったのと、そのときのレビューに「3面はいらない。これ購入してよかった」というのを見つけて、なるほど..と思って買ってみた。

 洗うのもかんたんだし、これ「使うときだけコンロガード」はけっこよかった。台の上が平らだとこういうのが使えて、よけい楽になる。「火力」がガスに比べて弱いんじゃないか..ということを見聞きもしていて、購入するときに3.2kW×2口IHのものに決めていた。ただ、そちらのメーカーのものが入荷しないみたいなことで、3kW×2口IHにラジエントのついたものになった。まだ使い始めて1月もたってないけど、実感としては「火力は十分」だと思う。

追加で「排気口カバー 」を買った。「使うときだけコンロガード」はいいけど、やっぱり遠くにも油はとぶ。笑 それが排気口の網の下にまで届くのを掃除したくない。笑 それで何かないかなーと思ってさがしてみた。最初は排気口を大きくあけたななめになってるのを買うつもりだったけど、調べてるうちにこのフラットのものを見つけて、こっちに決めた。


一時期ほしかったこれ..Vamo(バーモ)..20年若かったらこれにしてたかも..笑

セイコークオーツ(SEIKO QUARTZ )クロノグラフ逆輸入モデル..その後

 この時計..購入したのは30年はむかし..だったと思う。母が誕生日に買ってくれた。もちろん「すきなものノート」上位..笑 でも、この画像をもしどなたかが見てくださってたら、ベルト(バンド?!)をみていただきたかったのに..上下逆についてる。笑笑 なんでやねん。笑

写真にとってから2年..このベルトすっごく気に入ってるのに、いちばん気に入ってる部分を落とした….

バスの時間がせまってて、時計をはめずに持ったまま走った。間に合ったものの、はめようと思ったら..

ここがない。(:_;)(:_;)(:_;)

えー----かなしすぎた。夫にラインでバス停までの道をさがしてみてもらうようにたのんだ。それから、暗くなった帰り道もさがしてはみた。まーないわな。ちゃんと半分にして落ちないようにもってたつもりやったのに….

このときもさかさま..笑 時計してても見てない..いいかげん気づかなな。笑 

これはSECTOR DivingTeamを買ったときについてきた替えベルト、あのセクターには、ちょっと重さにも負けてしまいそうで、使ってなかったけど、これには色もぴったりやん。と思ってすっごく気に入ってたのに..

これも反対についたままのはず..笑

だいたいこのベルトをつかってもベルクロの位置にちゃんとベルクロの片方がこない。笑 たぶんメンズの時計だと思うから、ベルトも手首の太さがそれを想定して作られてる。なので、
この小さな留め具みたいな部分がないとそもそも腕にとどまってくれない。

しかたないから自分で作った。壊れた方のスントアルテイマックスの古いベルトが残ってたから、それを手縫い。笑 ちゃんと赤い糸で縫った。まー正直悲しすぎるけど..とりあえず使えてる。

そう。この右側のほうをつぶしてつくった。笑

これ少し前はよく店頭で見た気がするけど..くるっとまくだけのベルクロの時計ベルトさがしてみるとない。これって時計をつけるとどんなふうになるんやろ?!

ジョルディラバンダボールペンオードリーヘプバーンイノックスクロム(JORDY LABANDA INOX CROM SPAIN)

購入したのはもう20年くらい前かも..これは書き心地というよりは、見ためがあんまりかわいかったので..キャップがあるのもめんどくさいけどーとか思いながら買った気がする。けど、仕事じゃなくて、いつもバッグのなかに携帯してるみたいなペン..

こないだから書けなくなって..リフィルを探してた。

もともとはどんなものが入ってたのか覚えてない。交換前にはいってたのは「PARKER」のものだった。んー--代替品をちょっとさがしてみたけど、フリクションは無理だった。笑 上の画像だと長さがちがうように見えるけど、ほぼ、いやまったく同じ..JETSTREEMのSXR-600-07の0.7mmを今回は入れた。0.5mmもあるのだけど..仕事以外では太め好き。笑

ここに文字があるのは知ってた。「ジョルディラバンダ」

このペンの底の部分にあった「INOX CROM SPAIN」とを合わせて検索してみたら、このペンが「ジョルディラバンダボールペンオードリーヘプバーン」という名前だと知った。

先端部分から黒いゴムみたいなところはすべらないような材質で書きやすい。

このペンは文字を書くときに、キャップの部分がうしろにカチッという感じでは収まらない。閉じるときはすごくカチッと閉まるのに。笑 落ちたことはないけど..落ちるかもしれないと思っては書いてる。笑笑 このリフィルはいい。PARKERにはピッタリ、けど手持ちのカランダッシュやクロスにはだめだったな。

んでも..リフィルとしてはちょっと値段は高い。( ;∀;)

フィラーレディレクション(Filare Direction)..ツイスト式サインペン..ゼブラ

一月ほど前に店舗で見つけたときに、シルバーが売り切れていたフィラーレディレクション

フィラーレディレクション」とかそんなカッコいい名前だったとは知らなかったけど..こないだ見たときからいいなー--と思ってた。だいたいがサインペンが好き。ひとめで気に入ってはいたけど..シルバーがなかったのと..仕事ではフリクションのサインペンしか使ってないみたいなところがあるしとは思ってた。

でも、今日、やっぱり買った。笑 とても書きやすいし、とにかくカッコいい。それに、だれかへのメモだとか、プレゼントに添えるかんたんな手紙もけっきょくサインペンを使うことがほとんど..だからやっぱり、これは買い。まー消せないけど。笑

替えインクは赤にした。結局赤で使うんじゃないかと思ったから。

箱に「Black Ink」と書いてあった。これって「Red Ink」と選べたりした..?! 途中で色を変えてもいいのか..というのもよくわからないけど、もしほんとに使い勝手がよかったら赤い芯ように「赤」か「黒」をもう一本買いたい。

背中がわというのか..笑 このロゴもかっこよかった。

ゼブラなんや。と思ってはいた。サラサ(SARASA)といい、antique HYPER JELL といい、水性顔料にはなかなかのものがあるよーな気がするZEBRA..てゆーか、そんなにえらそーなことはわからんけど、色がとてもきれい。とはいつも思ってた。まーサインペンとしては、uniの耐水性sign penリブもとてもいいものだと思うけど..んー--せやけど、使わないかもしれなくてもほしい。これってどーなん。笑