中間テスト

商売道具です。
入試問題を解くのは好きです(^_^)v

やっと試験対策がほぼ終わりました!(^^)!
私のできることは全てやりました..けどね..(-.-;)

試験の結果が出揃うまでのつかの間の…何といえばいいんでしょうか..。

ほんとに中学3年生を担当していると、いつでもテスト前なんですけど..。
特にこれからは実力テスト、五ッ木の模試、実力テスト、期末テスト..みたいな感じで気の抜けるところがありません..
テストに送り出して、結果が返るまでの1・2日が..自分の充電期間とでもいえばいいんでしょうか..。
いや、正直なところ休養期間ですよね..マジ疲れました..。

でも、やっぱりね、いちばん大変なのは子どもたちやと思うので..
(まーそうでもないのもいるところが大変といえば大変なんですが.. f(^_^;))
ブログのための写真も撮りたいし、書きたいこともいっぱい….でも、ここで手を抜くと、いつも子どもたちに
「他のことは待ってくれるやろ..入試は待ってくれへんねんで」なんて言ってる自分が自分でなくなりますから。

全国高校入試問題正解社会 (2006年受験用)

旺文社

このアイテムの詳細を見る

小6の受験生もみています、中学受験の場合は学校のことをほとんど気にしなくていいので、長期スパンで入試に的を絞って対策ができるというところでは楽だと思います。教える内容にだけ気を配ればいいというか..中学生を担当するのとは、少し違います。

二人で受験学年を分けるとき「絶対小6、中学生は苦手なんですよね」とかおっしゃる先生もおられます….
でもね、中学生はおもしろいんですよね..。とくに、3年生とかになると半分大人ですから..。私は1年生(小学生のころ?!)からちゃんと勉強して、努力の分だけ成績上げてきたみたいな子ももちろん好きですが、それこそそれまで適当にやってきて、3年になってあわてて塾にきて(来ててもなかなか本腰入れられず)、今までの自分に決別しよう!!としつつもなかなかできずにいて、おこられながら、一生懸命前向いてるようなやんちゃたちも好きなんですよね..。なかには、塾にも小学生から来てて、中学生になってもクラブチームでの野球と両立を続け、甲子園に行ってしまうつわものなんかもおりました\(^o^)/。

最後はいつもいつも思います、もうちょっと早くその力出してたら..
ほんとにみんな「やったらできる」んです。
けど..「やったらできる」というのは「やらなければできない」ということなんですよね。

今ががんばりどころです、がんばれ受験生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA